住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

暮らしに寄り添うプレイリスト

DJ・選曲家のChee Shimizu氏による極上プレイリスト。季節や時間の移ろいを感じながら、ご自宅でより充実した時間を過ごすための音楽をジャンルレスにセレクトします。

feature

夏の夕暮れ、寛ぎの時間に

日が落ちる少し前、空が深い青色から赤色へのグラデーションに彩られるひととき。日の長い夏は、そんな美しい時間をご自宅で過ごす機会も多いのではないでしょうか。遅い午後から夕暮れに向かって刻々と変化していく雰囲気を、写真と音楽で表現しました。
時間の流れを感じながら、お楽しみいただければと思います。

Chee Shimizu

リスニング、アンビエント、ダンス、実験音楽、和モノなど幅広いプレイ・スタイルを得意とし、国内外で長きにわたり活動を続ける。選曲家、文筆家、プロデューサー、レコード・ショップ/レコード・レーベル主宰など、音楽旅先案内人としても多彩な仕事に従事し、リミックス/リエディット・ワークも多数こなす。著書に『obscure sound 桃源郷的音盤640選』『OBSCURE SOUND REVISED EDITION』。

Forrest Fang / Water Pod・・・強い日差しが指す中庭に、異国情緒を感じて

中国にルーツを持つアメリカ人マルチ・インスト流メンタリスト、Forrest Fangの2020年作品『The Book of Wanderers』から。エキゾチックなアンサンブルは夏の午後の日差しに清涼感を与え、異国情緒を演出してくれます。

Yasuaki Shimizu & Saxophonettes / Hibi no Awa・・・薄明の静けさを柔らかく包む和の旋律

日本人作曲家/サキソフォニスト、清水靖晃の2007年作品『ペンタトニカ』から。日本古来の五音音階を用いた趣のある旋律は、どこか不思議な雰囲気とともに懐かしさと心地良さを抱かせながら、空間に響きわたります。

Raul Lovisoni & Francesco Messia / Hula Om・・・心と体を解放する、メディテーショナルな一曲

イタリア人作曲家Raul LovisoniとFrancesco Messiaの1979年コラボレーション作品『Prati Bagnati Del Monte Analogo』から。琴にも似た音色のハープがシンプルなメロディを紡ぎ出しながら、心と体を沈静へと誘います。

Erik Wollo / The Change・・・深まりゆく空の蒼の、厳かな美しさに心をふるわせて

ノルウェー人作曲家、Erik Wolloの1985年作品『Traces』から。少しずつ色濃く染まっていく空の蒼と黄金色がゆっくりと混じり合いながら、やわらかく夜に溶けていくような、幻想的な音楽です。

Brian Eno / Emerald and Stone・・・夕闇を彩る、ひそやかな光や音に耳を澄ます

環境音楽の生みの親、イギリス人作曲家Brian Enoの2010年作品『Small Craft On a Milk Sea』から。ピアノの向こうから聴こえてくる、水面が揺れるような音。まるで音楽そのものが空間の一部であるかのようです。

強い日差しがギラギラと照りつける夏の午後。日中の熱気を残しながらも、さざめく風や水の音にかすかに涼を感じられる夏の宵。音楽によってさまざまな物語を与えることで、夏の風景はさらに彩り豊かなものとなります。

暮らしに寄り添うプレイリスト