住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

暮らしに寄り添うプレイリスト

DJ・選曲家のChee Shimizu氏による極上プレイリスト。季節や時間の移ろいを感じながら、ご自宅でより充実した時間を過ごすための音楽をジャンルレスにセレクトします。

feature

いつものクリスマスを、一味違う雰囲気に

あと1カ月ほどで、待ちに待ったクリスマスです。年末年始を旅行先で過ごすのは、まだなかなか難しいと思われる状況下、ご自宅で過ごすクリスマスを、例年以上に特別なものにしたいと考えている方も多いと思います。定番のクリスマスソングで気分を盛り上げるのも素敵ですが、今回のプレイリストを聴きながら、いつもと少し違った雰囲気のクリスマスを過ごしてみるのはいかがでしょうか。

Chee Shimizu

リスニング、アンビエント、ダンス、実験音楽、和モノなど幅広いプレイ・スタイルを得意とし、国内外で長きにわたり活動を続ける。選曲家、文筆家、プロデューサー、レコード・ショップ/レコード・レーベル主宰など、音楽旅先案内人としても多彩な仕事に従事し、リミックス/リエディット・ワークも多数こなす。著書に『obscure sound 桃源郷的音盤640選』『OBSCURE SOUND REVISED EDITION』。

Shadowfax / The Dreams of Children・・・暖炉のゆらぐ炎に子ども心を思い出して

アメリカのフォーク・ソングをモダンに昇華するグループ、Shadowfaxの1984年作品『The Dreams of Children』から。子どものように無垢な心を思い出させる優しいメロディ、柔らかにゆらぐ暖炉の炎とともにはじまる、特別な一日。

Jean-Luc Ponty / The Gift of Time・・・温もり溢れるリビングに響くヴァイオリンの音色

フランスのジャズ・ヴァイオリニストJean-Luc Pontyの1987年作品『The Gift of Time』から。板張りの床と天井が温もり溢れるリビングにクリスマスツリーを飾る楽しい時間を、高らかに響きわたるヴァイオリンの旋律と軽やかなビートが演出してくれます。

Philip Aaberg / I Saw Three Ships・・・可憐なピアノと夜景を愛でるディナータイム

アメリカ人ピアニストPhilip Aabergの2002年作品『Christmas』から。お待ちかねのディナータイムは、見晴らしの良いリビング・ダイニングの窓から望む街の夕闇と、アコースティック・ピアノの可憐なメロディをBGMに優雅なひとときを。

Barbara Higbie / Anouman・・・プライベート・バーで愉しむ大人の時間

アメリカ人マルチ・インストゥルメンタリストBarbara Higbieの1997年作品『I Surrender』から。プライベート・バー・スペースでお酒を愉しむ贅沢な大人の時間。ジャズ・ヴォーカルでとびきりムーディに。

Andreas Vollenweider / Suspended Note (feat. Carly Simon)・・・宴の終焉は冬の夜空と神聖な歌声で

スイス人ハープ奏者Andreas Vollenweiderの2006年作品『Midnight Clear』から。冬の空気を感じるテラスでCarly Simonの神聖な歌声を聴きながら、夜空を見上げるクリスマスの終焉もまた、ロマンチックです。

定番のクリスマスソングから少し離れ、一味違った“大人のクリスマス”を演出する音楽の数々をお届けしました。家族との団らん、ちょっと贅沢なディナー、特別なお酒、空気が澄み切った冬の夜空——音楽とともに過ごす皆さまのクリスマスが、例年以上に素敵な一日になりますように。

暮らしに寄り添うプレイリスト