住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

暮らしに寄り添うプレイリスト

DJ・選曲家のChee Shimizu氏による極上プレイリスト。季節や時間の移ろいを感じながら、ご自宅でより充実した時間を過ごすための音楽をジャンルレスにセレクトします。

feature

木、花、虫、鳥…生命力を感じるプレイリスト

東京でも雪が降る日もあるほど冷え込む今日この頃。でもふと窓の外に目をやれば、木の枝の先で揺れるつぼみが花開く準備を進めていたり、日の出の時間が少しずつ早くなってきていたり……春の兆しをそこここに感じることができます。今回は、あちこちで新しい生命が芽生える気配にどこか心躍る気持ちがしてくる、そんなプレイリストをお届けします。まもなく訪れる季節を心待ちにしながら。

Chee Shimizu

リスニング、アンビエント、ダンス、実験音楽、和モノなど幅広いプレイ・スタイルを得意とし、国内外で長きにわたり活動を続ける。選曲家、文筆家、プロデューサー、レコード・ショップ/レコード・レーベル主宰など、音楽旅先案内人としても多彩な仕事に従事し、リミックス/リエディット・ワークも多数こなす。著書に『obscure sound 桃源郷的音盤640選』『OBSCURE SOUND REVISED EDITION』。

Tim Story / The Great Thaw・・・エントランスに映り込む桜と柔らかな電子音が演出する、春の訪れ。

アメリカ人ピアニストTim Storyの1985年作品『Three Feet From The Moon』から。窓外に咲く桜が映り込むほどに純白透明な鏡面タイルが床に施されたエントランスに心地よく響く、柔らかな電子音のメロディ。

Hideaki Masago / Inochi no Ki・・・森の音楽を聴きながら、ウッドデッキに座って愛でる中庭の木々。

画家としても活動する日本人フルート奏者、真砂秀朗の2007年作品『観音』から。音階打楽器の軽やかなリズムとバンスリのあたたかな音色を聴きながら、ウッドデッキに座って中庭の木々を眺める穏やかな時間。

Ryuichi Sakamoto / Roly-poly 5l命の循環・・・アウトドアリビングに広がる神秘的なサウンド。

日本人作曲家、坂本龍一がNHKのテレビ番組のために制作した音楽『Music for ダンゴムシ』から。日差しの強い日や雨の日でもアウトドアリビングとして使えるテラスで聴く、生命の循環を表現した神秘的なサウンド。

Joan Bibiloni / Amanecer Azul・・・桜が花開くような電子音とともに物思いにふけるバスタイム。

スペイン人ギタリストJoan Bibiloniの1987年作品『Silencio Roto』から。桜の木を望む大きな窓が開放的なバスルームで、まるでつぼみがひとつずつ開く音を表現したかのような電子音に耳を傾けて、ゆっくりと物思いにふけるリラックスタイム。

Robin Guthrie & Harold Budd / Coral・・・タイルと白壁のコントラストが美しいリビングに浮遊する残響音。

スコットランド人ミュージシャンRobin Guthrieとアメリカ人作曲家Harold Buddの2020年共演作品『Another Flower』から。春には桜を目の前に臨むことができる、風景画のような開口部にタイルと白壁のコントラストが美しいリビングに浮遊する、ギターとピアノの残響音に癒されます。

本連載「暮らしに寄り添うプレイリスト」は、今回が最終回です。第1回の夏の夕暮れに始まり、行楽の秋、クリスマス、お正月、そして春へと向かう今回と、国内外のさまざまなジャンルの音楽とともに季節を巡ってまいりました。ご自宅でのひとときを、室内の設えや季節、気分に合った音楽とともに過ごす心地よさを、少しでも感じていただけていたら幸いです。

暮らしに寄り添うプレイリスト