住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

暮らしに寄り添うプレイリスト

DJ・選曲家のChee Shimizu氏による極上プレイリスト。季節や時間の移ろいを感じながら、ご自宅でより充実した時間を過ごすための音楽をジャンルレスにセレクトします。

feature

モダン・ニューイヤー

新年あけましておめでとうございます。すでに仕事始めを迎えられた方も多いかと思いますが、皆さま、今年はどのようなお正月を過ごされたでしょうか。今回の選曲テーマは、ずばり「お正月」。“王道”のお正月とはひと味違うモダンな気分になれる、ニューイヤーを彩るプレイリストをご用意しました。

Chee Shimizu

リスニング、アンビエント、ダンス、実験音楽、和モノなど幅広いプレイ・スタイルを得意とし、国内外で長きにわたり活動を続ける。選曲家、文筆家、プロデューサー、レコード・ショップ/レコード・レーベル主宰など、音楽旅先案内人としても多彩な仕事に従事し、リミックス/リエディット・ワークも多数こなす。著書に『obscure sound 桃源郷的音盤640選』『OBSCURE SOUND REVISED EDITION』。

Stephan Micus / Part 1 (19 Flowerpots, 2 Hammered, Dulcimers, Bavarian Zither, Shakuhachi) ・・・飛び石とフラワーポットのリズムに和の心を感じる、晴れやかな新年。

イギリス人マルチ・プレイヤー Stephan Micusの1987年作品『Twilight Fieldsd』から。中庭を眺めながら離れ風の和室へ至るアプローチ。打楽器に見立てた植木鉢の温もりある音色が、飛び石を進むリズムと軽やかに調和します。

Arild Andersen, Vassilis Tsabropoulos & John Marshall / Cinderella Song・・・シンプルな和室に流れるジャズとともに過ごす穏やかな午後。

ノルウェー人ベーシスト Arild Andersenによる2004年トリオ作品『The Triangle』から。シンプル・モダンな空間に襖の模様が映える上質な和室で過ごす正月の穏やかな午後は、洗練されたコンテンポラリー・ジャズとともに。

Rodrigo Rodriguez / Divine Light・・・日本庭園風の中庭で、尺八と琴の煌めく旋律を聴きながら。

アルゼンチン人尺八奏者 Rodrigo Rodriquezの2008年作品『Beyond The Time』から。正月の静かな空気を湛える日本庭園風の中庭での時間。神明のごとく煌めきながら幻想的なアンサンブルを奏でる尺八と琴が、心身を律します。

Steve Reich / San Francisco Symphony & Edo de Waart / Variations for Winds, Strings and Keyboards・・・開放的な回廊から望む日の出とミニマル・オーケストラで迎える新年。

作曲家Steve Reichがサンフランシスコ交響楽団の委嘱により制作した楽曲の初演。ニューイヤーといえばシュトラウスが定番ですが、開放的な回廊の広大なパノラマを望む新年の朝には、ミニマル・オーケストラが新鮮に響きます。

James Ashley Franklin / Dewdrop Pearls・・・和楽器の旋律が彩りを与えるモダンな茶室で新年を祝う。

オーストラリア人尺八奏者 James Ashley Franklinが箏奏者の小田村さつきと共演した1997年作品『Dewdrop Pearls』から。古典とはひと味違う和楽器の旋律が、侘び寂びとモダニズムが融合した茶室で新年を祝う茶事に彩りを与えます。

伝統的な和楽器を用いながら、古典の響き・リズムとはまた違った洗練性を感じられる楽曲をご紹介しました。心が洗われるような美しい旋律に触れ、無意識にすっと背筋が伸びる。そんな新年のひとときをお楽しみください。

暮らしに寄り添うプレイリスト