Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. Please enable JavaScript to view this content.
今でも現役で活躍中。井戸のある暮らし|More Life Essence [住まいをもっと楽しむアイデア]|More Life Lab.

住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Essence
[住まいをもっと楽しむアイデア]

今でも現役で活躍中。井戸のある暮らし

家は「建てたら終わり」ではありません。上質で自分らしい住まいを存分に楽しみ、心豊かに暮らし続けたいものです。このコーナーでは、テラジマアーキテクツで家を建てた施主の皆さんに、自宅での毎日を彩るさまざまなアイデアをそれぞれの視点から紹介いただきます。

今回のプレゼンターは…

二口 京子さん

東京造形大学テキスタイルデザイン科卒業後、ニューヨークのデザインスタジオに在籍。テキスタイルペーパーデザイン、ウォールペーパーデザイン、洋食器絵皿デザイン、テーブルウェア、舞台芸術等を幅広く手掛ける。帰国後も生活全般のデザインを行いながら、現在は先人達が遺したさまざまな事や物に対する表現や暮らし方を模索中。

井戸は生活の一部

家に井戸がある、というお宅はどれくらいあるでしょうか。我が家には昔から井戸があり、水道が普及する前までは、食事やお風呂に至るまで井戸水を利用していました。時代が移り変わり、飲料用途など生活用水は水道水になりましたが、その口当たりの柔らかさから、その後もお茶をたてる際に母はあえて井戸水を使っていましたし、私も仕事で染色をする際にはその発色の良さから井戸水を使用していました。

 

我が家にとっては大切な井戸。家を建て替える際にも、井戸の良さを知ってしまっている私は井戸を残す決断をしました。最近は古井戸を撤去するお宅が多いと聞きますが、井戸は私達家族にとっては生活の一部であり、さまざまな恩恵を今でも与えてくれています。

井戸のメリット

地下数十メートルの地下水は、水温が一定と言われています。一般の水道水は地表近くを通っているので、夏はあたたかく冬は冷たいのが普通ですが、井戸水は水温が一定なので、夏は冷たく、冬はあたたかく感じます。そしてなにより経済的であるというメリットがあります。私の家では庭にさまざまな植物を植えていることもあり、多くの水量を使います。その植物の水やりも、井戸水を使えばお金がかからずにすみます。ほかにも、野菜を冷やしたり、孫が遊んで帰ってきた際に泥汚れを落としたり、井戸水を活用する場面はたくさんあります。また、元旦の早朝、井戸や湧き水から一番最初に汲む水のことを「若水」というのですが、それは一年の邪気を払う縁起の良いものとされています。井戸から汲む若水で墨をすって、元旦始筆をするのも我が家の恒例になっています。

 

井戸水のメリットとして忘れてはいけないのが、災害時に防災井戸として活用できることです。巨大な自然災害発生時、ライフラインである水道は遮断されてしまうケースは多いですが、井戸があれば、自家用水はもちろんのこと、周辺住民に供給することも可能です。もし古井戸がありましたら、蘇らせるというのもひとつの手かもしれません。

More Life
Essence
[ 住まいをもっと楽しむアイデア ]