Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. Please enable JavaScript to view this content.
間接照明で心地よい陰影を楽しむ方法|More Life Essence [住まいをもっと楽しむアイデア]|More Life Lab.

住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Essence
[住まいをもっと楽しむアイデア]

間接照明で心地よい陰影を楽しむ方法

家は「建てたら終わり」ではありません。上質で自分らしい住まいを存分に楽しみ、心豊かに暮らし続けたいものです。このコーナーでは、テラジマアーキテクツで家を建てた施主の皆さんに、自宅での毎日を彩るさまざまなアイデアをそれぞれの視点から紹介いただきます。

今回のプレゼンターは…

篠崎 里美さん

ひかり造形家
LEDや有機ELを光源としたライティングオブジェのデザイン・製作をメインに活動。 また、コンサートなどの舞台美術プラン・インスタレーションの製作を手がけている。
※篠崎さんの「崎」の正しい表記の「大」は「立」となります
s_satomix712[at]nifty.com
http://akarix.art.coocan.jp/

光と影は表裏一体で存在しているもの

ダウンライトやペンダント、デスクライトなど、私たちの生活に照明は欠かせません。照明は部屋を明るく照らし、心地よい空間を作り出すという重要な役割を果たしています。しかし照明がもたらすものは明るさだけではなく、陰影の美しさをも引き出してくれることがあります。

 

たとえば夏の光と冬の光はまったく違うものですし、影の伸び方も変わってきます。同じように照明も光源によってくっきりとした影が意外なフォルムを浮かび上がらせたり、グラデーションを描くような影が落ち着いた雰囲気を醸しだしたりもします。

 

壁面に影を描くように

私はひかり造形家として灯りのデザインや制作を手がけていますが、光だけではなく、そこから生み出される影も作品の一部として感じていただけるよう工夫を凝らすことがあります。

この作品「奏」は麻と和紙を素材に制作し、色温度の低い温かみのある光とランダムに交錯する繊維の美しさを影で描いています。灯りと壁との距離によっても、麻の繊維が織りなす影の表現は変わってきます。

 

また演出照明としてのスポットライトなども壁面に沿うようにあてるだけで素材のテクスチャーを美しく浮かび上がらせたり、樹木のライトアップをする際に壁面に影を出すことで空間が大きく広がって見えることもあります。

 

光は照らすだけでなく、深みのある陰影で心地よい空間をつくることもできる。

好奇心を持って家の照明を考えてみると、生活がまたちょっと楽しくなることでしょう。

More Life
Essence
[ 住まいをもっと楽しむアイデア ]