Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. Please enable JavaScript to view this content.
残る価値があるものは捨てない 桐箪笥の活用法|More Life Essence [住まいをもっと楽しむアイデア]|More Life Lab.

住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Essence
[住まいをもっと楽しむアイデア]

残る価値があるものは捨てない 桐箪笥の活用法

家は「建てたら終わり」ではありません。上質で自分らしい住まいを存分に楽しみ、心豊かに暮らし続けたいものです。このコーナーでは、テラジマアーキテクツで家を建てた施主の皆さんに、自宅での毎日を彩るさまざまなアイデアをそれぞれの視点から紹介いただきます。

今回のプレゼンターは…

二口 京子さん

東京造形大学テキスタイルデザイン科卒業後、ニューヨークのデザインスタジオに在籍。テキスタイルペーパーデザイン、ウォールペーパーデザイン、洋食器絵皿デザイン、テーブルウェア、舞台芸術等を幅広く手掛ける。帰国後も生活全般のデザインを行いながら、現在は先人達が遺したさまざまな事や物に対する表現や暮らし方を模索中。

世代を超えて受け継ぐということ

お宅に眠っている箪笥はありませんか? 一家に一台、昔から箪笥をお使いのお宅は多くありました。しかし、近年は「古い」「汚い」「新しい家に合わない」などの理由で、昔のものはとかく捨てられがちです。我が家には母の嫁入り道具の桐箪笥がずっと置いてありました。今回はその話をしたいと思います。

 

家を建て替える際、私はこの箪笥を、ぜひ空間の主役として使いたいと思いました。桐箪笥は防虫効果もあり、耐久性の高い家具として世代を超えて受け継ぐことができる優れた工芸品です。これを活かさない手はありません。そこで、日常使いしやすいように食器棚としてこの桐箪笥を使うことを思いつきました。それを前提に建築家の方と話を進め、空間全体の色味など、調和を図った設計に仕上げていただきました。

 

実際に食器棚として使ってみると、想像以上に使い勝手がいいことに驚きました。さわり心地も、存在感も、全体的に柔らかい印象があり、何度も開け閉めしたくなるほどです。

百年残る価値があるかどうか

家の建て替え時はいろいろなものの処分を検討すると思います。私が捨てる基準にしたのは、「単体で存在していてもあと何百年も残る価値があるかどうか」でした。新建材の家具はたくさん捨てましたが、この古い箪笥はどうしても捨てられなかった。この箪笥はただ思い出の品というだけではなく、残る価値が十分にあるものだと思っているからです。そしてそれはただいたずらに古いものを残すという考えではなく、使うから残すのです。今ではこの箪笥以外のものを食器棚として使用しているイメージが沸かないくらい生活に馴染んでいます。

 

なんでも手軽に買ったり捨てたりができる時代ですが、本当に素晴らしい価値のあるものは、しっかりと残し、受け継ぐべきだと思います。今まで家の隅に追いやられていた古い家具が、空間の主役となって蘇ることもあるんですから。

More Life
Essence
[ 住まいをもっと楽しむアイデア ]