Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. Please enable JavaScript to view this content.
空間全体を春色に染める桜の刺繍作品|More Life Essence [住まいをもっと楽しむアイデア]|More Life Lab.

住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Essence
[住まいをもっと楽しむアイデア]

空間全体を春色に染める桜の刺繍作品

家は「建てたら終わり」ではありません。上質で自分らしい住まいを存分に楽しみ、心豊かに暮らし続けたいものです。このコーナーでは、テラジマアーキテクツで家を建てた施主の皆さんに、自宅での毎日を彩るさまざまなアイデアをそれぞれの視点から紹介いただきます。

今回のプレゼンターは…

有田 美津子さん

江戸時代より続く刺繍商の叔父 秋元柳一郎に日本刺繍の手ほどきを受け、19才で叔父の亡き後を継ぐ。日本刺繍と日本画をコラボレーションした「繍墨画」の創始者。 2004年、ドラマ「西遊記」(フジテレビ)で刺繍制作指導を行うほか、2016年にはニューヨークで個展を開くなど、国内外での展覧会に多数作品を出品している。

春の霞んだ桜風景を刺繍で表現

「三寒四温」とはよく言ったもので、寒い日や温かい日を繰り返しながらやってくる春という季節。寒さの中をじっと耐えてきた蕾がたくさんある枝々が、これからにぎやかになっていきます。なかでも待ち遠しかったのはソメイヨシノをはじめとする、桜です。家の中でも楽しめたら素敵ですね。私は3月の初めから4月末まで桜の作品を家に飾ります。それはまさにこの季節だけの楽しみでもあるのです。

 

今飾っているのは私の「春霞(はるがすみ)」という作品です。冬から春になると、遠く山間に霧やもやなどがかかって景色がかすんで見えることがあります。昔から和歌にも多く読まれている、まさに春らしい風景です。薄い衣のように霞がたなびき、山にも雲がかかった春の風景の水墨画を描いた上に、桜の刺繍を施しています。五弁桜は柄としてもよく使われますが、私は今までと違う桜のデザインにしたいと思い、円をモチーフに仕上げました。

桜の作品に春の草木を添えて

下からふわっと舞い上がるような、桜の花びら。色はグラデーションにすることでより立体的に見せています。桜というものは、日本人の心の奥底にある優しさの象徴のような気がします。それを表現したくなるんです。小学生の頃、私は木綿針に長い糸を垂らして学校に行きました。校庭に桜の花びらが散ると、一面に美しいピンクの絨毯ができて、その花びらを1枚1枚針で刺してネックレスをつくっていました。ものづくりは、こころの象徴です。そのころの記憶なども桜の作品をつくる際は思い出します。

 

みなさんも、春に桜の作品を飾ることで、自分自身の桜の原風景に出会えるのではないでしょうか。記憶の中にある桜に毎年出会う。それはとても素敵なことですね。桜の作品をお家で飾る際には、春の色を近くに添えてあげることをおすすめします。たとえば漆のお盆に春の緑を置いてみてください。萌えるような草木の色味が作品の近くにあると、桜の世界がより大きくなります。桜はみんなが喜ぶ、春の風景。お気に入りの作品を眺めながらお酒を楽しむ、家でのお花見をしてみてはいかかでしょうか。

More Life
Essence
[ 住まいをもっと楽しむアイデア ]