Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. Please enable JavaScript to view this content.
縁起の良いふくさで新しい年を祝う|More Life Essence [住まいをもっと楽しむアイデア]|More Life Lab.

住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Essence
[住まいをもっと楽しむアイデア]

縁起の良いふくさで新しい年を祝う

家は「建てたら終わり」ではありません。上質で自分らしい住まいを存分に楽しみ、心豊かに暮らし続けたいものです。このコーナーでは、テラジマアーキテクツで家を建てた施主の皆さんに、自宅での毎日を彩るさまざまなアイデアをそれぞれの視点から紹介いただきます。

今回のプレゼンターは…

有田 美津子さん

繍墨画・日本刺繍家
江戸時代より続く刺繍商の叔父 秋元柳一郎に日本刺繍の手ほどきを受け、19才で叔父の亡き後を継ぐ。2003年、日本刺繍と日本画をコラボレーションした「繍墨画」という新しい画風を確立。 2004年、ドラマ「西遊記」(フジテレビ)で刺繍制作指導を行うほか、国内外での展覧会に多数作品を出品している。

https://www.shuboku.com
mitsuko.shuboku[at]gmail.com

塗り物とふくさを合わせる

「ふくさ」というものを使用したことがありますか? 冠婚葬祭の際に、ご祝儀や御香典の金封を包む際に使う、という方はいらっしゃるかもしれませんね。ただ、ふくさの使用シーンはそれだけではありません。例えば茶席でもふくさは必需品です。お点前の方が茶器や茶杓を清める際に用いられ、客となって招かれた場合にも必ず持参し、お茶碗やそのほかの道具を拝見する際にも使用するものです。

 

今回は、お正月や成人式など、お祝いごとが続くこの時期にピッタリなふくさの使い方をご紹介したいと思います。それは縁起の良い柄の刺繍を施したふくさを、塗の盆と合わせて用いるという方法です。目にも華やかなあしらいが、新春のおめでたさを演出してくれます。また、お重にもふくさをかけることで、より趣が増しますよ。塗り物とふくさはお互いに古来からのもので、とても好相性。ぜひお試しいただきたい取り合わせです。

新春のおめでたさを宝尽くしの刺繍で表現

私はふくさをもっと日常で取り入れる暮らしをおすすめします。例えばハンドバックに忍ばせ、お菓子をいただく際に使ったり、食卓に出す塗りのお皿の上にちょっと掛けて飾ったりと、さまざまな用途が考えられます。ほかにも私は、突然お客様がいらした際に、読みかけの本などに掛ける目隠しとして使用しています。日常的にふくさを使用する際には、ふくさの色や、刺繍の柄で季節感を出すと、より素敵に演出することができます。

 

今回のふくさに施した刺繍は吉祥文様の「宝尽くし」。華やかでおめでたい文様であることから、お祝いの席などでは重宝し、喜ばれる柄です。新春の喜びを表現するには最適の柄だと思います。多様に使えるよう、両面に刺繍を施しました。折り方を変えると、刺繍の出方・見え方が変わります。ふくさは単に何かを包む用途だけでなく、心遣いや思いやりの意味も持っているものです。そこに刺繍を施すことで、より思いやる心や気持ちがありありと表れます。目にも楽しいふくさ、ぜひあなたの日常のシーンでもお役立てください。

More Life
Essence
[ 住まいをもっと楽しむアイデア ]