Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. Please enable JavaScript to view this content.
ホリデーシーズンならではのおもてなし|More Life Essence [住まいをもっと楽しむアイデア]|More Life Lab.

住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Essence
[住まいをもっと楽しむアイデア]

ホリデーシーズンならではのおもてなし

家は「建てたら終わり」ではありません。上質で自分らしい住まいを存分に楽しみ、心豊かに暮らし続けたいものです。このコーナーでは、テラジマアーキテクツで家を建てた施主の皆さんに、自宅での毎日を彩るさまざまなアイデアをそれぞれの視点から紹介いただきます。

今回のプレゼンターは…

宮澤 奈々さん

料理研究家
パリ商工会議所、懐石料理屋主催の料理教室アシスタントやレストラン勤務等を経て、和・洋・中・エスニック、スイーツなど幅広いジャンルの料理に精通。自宅のキッチンスタジオにて会員制料理教室C'estTrèsBon(セトレボン)を主宰。その他、各マスメディアへの出演やイベントでの外部講師、器やキッチンのプロデュースなどを務める。
http://nanamiyazawa.com/

クリスマスに向けたテーブルセッティング

飾り付けをしたり、贈り物を考えたりと、準備の段階からワクワクしてしまうホリデーシーズン。家族や友人など、大切な人たちが集まる機会にはとびきりのおもてなしをしてあげたいですよね。まずはこの時期にピッタリなテーブルセッティングを考えてみましょう。

私は普段からテーブルにお花を飾るようにしていますが、今回はクリスマスを意識して白と緑のお花を用意し、雪だるまに見立ててアレンジしました。さらにテーブルの上にツリーやトナカイなどのオーナメントを置くと、より季節感が統一されたデコレーションになります。その際、テーブルに飾るアイテムは高低差をつけることを意識するとバランスがよくなります。また、食器の下にマットを敷いたり、食器の上にナプキンを畳んで載せたりするとテーブルの雰囲気が変わり、おもてなし感が増します。ポストカードにお料理のメニューを書いて飾るというのもひとつのアイデアです。

ちょっとしたひと手間で特別な料理に変身

いつもお料理のレシピを考える際は、なるべく手に入りやすい食材で、手間を最小限に抑えながらも、プロのこだわりポイントを加えておいしく仕上げるよう心がけています。例えば今回つくった前菜の「ほんのりチーズの香る蕪のポタージュ」は冬野菜を使い季節感を出したひと品。通常ならクルトンを使いがちなポタージュですが、代わりにチーズの乗ったパンを添えました。そのちょっとしたひと手間がおもてなしにつながります。メインの「豚肩ロースのビール煮」には、家で育てたローリエをさっと収穫して飾りました。よく使うハーブはご自宅に植えて育てておくと便利でいいですよ。

今回おつくりしたものはすべて特別な料理ではないのです。普段のお食事で気軽にお作りいただけるものです。それでも、あしらいや盛り付けをちょっと工夫するだけでスペシャルなおもてなしメニューに様変わりします。また、コースのように順序立てて提供するのも、おもてなし感アップのポイントです。おいしいものをおいしいタイミングで食べてほしい、そんな気持ちの表れですから。

More Life
Essence
[ 住まいをもっと楽しむアイデア ]