Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. Please enable JavaScript to view this content.
子どもたち大喜びのハロウィンパーティ|More Life Essence [住まいをもっと楽しむアイデア]|More Life Lab.

住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Essence
[住まいをもっと楽しむアイデア]

子どもたち大喜びのハロウィンパーティ

家は「建てたら終わり」ではありません。上質で自分らしい住まいを存分に楽しみ、心豊かに暮らし続けたいものです。このコーナーでは、テラジマアーキテクツで家を建てた施主の皆さんに、自宅での毎日を彩るさまざまなアイデアをそれぞれの視点から紹介いただきます。

今回のプレゼンターは…

柿本 智美さん

アニバーサリープランナー
日本航空での客室乗務員の経験を経て、結婚・出産し、現在2児の母。子どもの記念日を最高の記念日にしたいという思いから、アニバーサリープランナーの資格を取得。テーブル・コーディネーターの経験も生かし、パーティ演出を行っている。

黒をベースに空間をコーディネート

キッズパーティで大切なのは、子どもたちが会場をみて「わー!」と驚ける雰囲気づくりです。それをつくりやすいイベントが、今回提案するハロウィンパーティです。ハロウィンは子どもたちが近所を練り歩きながらお菓子をもらう行事ですが、近年はおもいきり仮装を楽しむイベントでもあります。好きなコスチュームを身にまとった子どもたちと一緒に、ぜひ楽しいパーティを企画しましょう。

 

まず、空間で使うベースカラーは黒をおすすめします。子どもたちは思い思いの衣装を着てきます。そんなとき、黒をベースに空間をコーディネートすると、子どもたちのコスチュームが際立ってより写真映えするんです。黒を基調にし、ハロウィンカラーのオレンジを散りばめましょう。黒×オレンジの配色を基本と考えて下さい。アクセントで使うなら、紫もいいでしょう。ただしこれ以上色数を増やすとゴチャゴチャしてしまうので控えて下さい。

ハロウィンパーティの創作アイデア

すでにハロウィンは日本でも市民権を得ているので、この時期になると100円ショップをはじめ、さまざまな雑貨屋でハロウィングッズが売られます。それをうまく活用しましょう。今回は手軽に実践できるアイデアもいくつかご紹介します。

 

①シールでかぼちゃやおばけをつくる

風船を膨らませ、おばけの顔のシールを貼りましょう。オレンジの風船に貼れば、ジャックランタンのようになります。お菓子の入れ物に貼るのもおすすめです。

 

②ピックをハロウィン仕様にアレンジ

ピックの先に、ハロウィンモチーフのシールやスポンジをつけることで、ピンチョスなどのオードブルが一気にハロウィン仕様に変身します。

 

③画用紙で三角帽をつくる

子どもたちがバラバラの服装の場合、おそろいのアイテムをみんなに持たせて統一感を図るのもいいでしょう。たとえば、画用紙で三角帽をつくるのも手。おそろいのアイテムがあれば集合写真を撮る際にまとまりが出ます。

 

かぼちゃやおばけのモチーフ、黒×オレンジの配色、これだけでハロウィンは演出できます。たくさんお菓子を用意して、子どもたちと記念になるハロウィンをお過ごし下さい。

More Life
Essence
[ 住まいをもっと楽しむアイデア ]