Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. Please enable JavaScript to view this content.
ひとつでも、たくさん並べても。ラフな質感が魅力のペンダントライト|More Life Selection [上質な暮らしをつくる逸品]|More Life Lab.

住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Selection
[上質な暮らしをつくる逸品]

ひとつでも、たくさん並べても。ラフな質感が魅力のペンダントライト

住宅づくりのプロフェッショナルであり、豊かな暮らしづくりをこよなく愛するMore LifeLab.編集部のスタッフが、家の中で過ごす時間をより豊かにしてくれるアイテムを独断と偏見で選ぶ企画「More Life Select[上質な暮らしをつくる逸品]」。上質な家には、上質なインテリアを——そんな思いのもと、数ある家具やファブリック・装飾品などの中から、読者の皆さんに今おすすめしたい逸品をご紹介します。

どんな空間にもなじみやすいガラスの照明

カナダ・バンクーバーで生まれた気鋭のブランド“BOCCI”。ブランド唯一のデザイナーであるオマー・アーベル氏は、自ら工房で実験を繰り返してそのデザインを生み出し、実際の製造工程のすべてに携わっているのだそう。氏の「物質に内在する機械的、物理的、化学的な特質を根本的な創造の源とする」というコンセプトがその作品すべてに反映されています。

そのなかから今回ご紹介するのは、代表作である14シリーズのペンダントライト。個性的でありながらシンプルでなじみやすく、灯体の数や並べ方次第で表情を変えます。シンプルモダン、ナチュラルからラグジュアリーまで、どんな空間にも似合わせることができるのが大きな魅力です。

有機的な光が空間を幻想的に彩る

遠くから見るとまるでふわふわと空中を漂うシャボン玉、間近で見ると削りだした氷のようなラフな質感で、レトロな雰囲気にひと目で愛着を感じました。リサイクルガラスを材料としていること、また手作りであるということから、それぞれ気泡の入り方や形も微妙に異なるそう。ぜひインテリアショップで実物を見て、お気に入りを選んで迎えたいですね。

光が灯ると、表面の凹凸がゆらぎを生み、まるでキャンドルのような有機的な輝きを楽しめます。この質感を間近で楽しみたい!じっと見ていたい!と思う方、ぜひキッチンやダイニング、ワークスペースなど、目線に近い高さに設置できる場所に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

単体ではシンプルなペンダントライトですが、多灯使いすることで華やかなシャンデリアとして使用することもできます。雨粒のようなガラスのライトが天井から降るように吊るされた様子は圧巻。幻想的な雰囲気を楽しめます。吹き抜けや階段室など、天井に高さがある場所に似合いますね。

 

ミニマルでモダン、でもどこか懐かしくて暖かく、どんな空間でもさりげなく存在感を感じさせるBOCCI独特の世界観。優しい光を眺めながら寛ぐ時間は、忙しい毎日のなかでほっと安らぐひとときになりそうです。

(筆者) More Life Lab.編集部

More Life
Selection
[ 上質な暮らしをつくる逸品 ]