Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. Please enable JavaScript to view this content.
フルオーダーの玄関扉|More Life Method [憧れ・こだわりを叶えた設計技術]|More Life Lab.

住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Method
[憧れ・こだわりを叶えた設計技術]

フルオーダーの玄関扉

住まいの顔

収納や家具などを造作することができる、ということをご存知の方は多いかと思いますが、玄関の扉も造作が可能ということをご存知でしょうか。既製品にもさまざまなデザイン、性能を持つ商品がありますが、空間の世界観に合うオリジナルの扉を取り入れて、住まいの顔となり得る玄関をデザインするのも面白いと思います。

 

今回は、神奈川県Y様邸を例に挙げ、造作の玄関扉についてご紹介したいと思います。

 

Y様邸の玄関扉はスチール製。住まいの顔となるところなので、重厚感のある素材を採用したい、というY様のご要望を受けて造作を選択しました。メーカーや職人さんとともにイチから作り上げた、一点ものの扉です。

素材や仕様にこだわりを盛り込んで

デザインですが、家の中から見たときと、外から見たときで変化を持たせています。内側はシンプルにして、外から見える部分については、親扉は1枚の鉄板ですが、子扉には数枚のパネルを組み合わせて、遊びのあるデザインとしました。

難しかったのはパネルの枚数と組み合わせ方。枚数が増えるほど工程も複雑になり、職人さんの手間もかかります。しかし、こうしてデザインに遊びを取り入れられるのは造作ならではの楽しさ。そうしたデザインを理解してくださるY様のため、さまざまな試行錯誤をしながら仕上げていきました。

また、今回は特殊な電気錠システム採用していますが、既製品の扉では実現できないこともあります。

もちろん鍵だけではなく、スチールなど好みの素材を採用できるほか、ハンドルの形状、色など、あらゆる仕様が自由自在であることが、造作扉の一番の魅力です。

扉の外装に使われた板のサンプル。微妙に質感の異なる素材から、好みのものを選択して仕上げます。

理想のデザインを実現するために

もし、「こんな扉がほしい」というイメージがある場合、まずはそのイメージが伝わる写真などを建築家に見せていただくのがよいと思います。

ただし、海外の雑誌やウェブサイトに掲載されている写真の場合、日本とは法律が異なるため、そのまま再現することが難しいこともあります。そうした場合は、できるだけ希望に沿うように法規面やデザイン面で調整をしていくことになります。

もし扉に強いこだわりがあるようでしたら、予めプランニングの際にご希望を伺っていると、そうした規制を避けることもできます。施工が進んでしまってからでは変更が難しい場合もありますし、扉が決まらずその他の工程に影響が出てきてしまうこともありますので、玄関扉はできれば早い段階で方向性をお話させていただきたい要素です。

住まいへの愛着を醸成する一要素

もし造作の扉にご興味があれば、普段の生活の中で少し玄関扉に意識を向けて街を歩いたり、雑誌などでさまざまなデザインに触れてみてください。お気に入りの扉は、住まいへの愛着を一層深めてくれるはずです。

 

今回ご紹介したのはスチール扉でしたが、オーダー扉では木製のものも人気があります。ただ、天然素材のものは、設置する環境によって反りが出てきてしまうことや、塗装の色が変化するなど既製品よりお手入れに手間がかかることもあります。

しかし、家族の歴史とともに風合いが変化していく経年変化も味。きっと愛着は増すことと思います。お手入れも楽しみのひとつとして長く付き合っていきたいとお考えの方には、ぜひご検討いただきたい、と思います。

建築家 橋井 慶

自然と笑顔が溢れる温かい空間でありつつ、そこに居ると感性が刺激されるような場を創っていきたいと思います。 お施主様の理想の空間を実現する為、愛を持って建築に向き合っていきます。

Our Works記事で紹介した邸宅

More Life
Method
[ 憧れ・こだわりを叶えた設計技術 ]