Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. Please enable JavaScript to view this content.
ランドマークになる箱型の外観デザイン|More Life Method [憧れ・こだわりを叶えた設計技術]|More Life Lab.

住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Method
[憧れ・こだわりを叶えた設計技術]

ランドマークになる箱型の外観デザイン

外観デザインは住まい手の個性をあらわす

建物の外観は、建て主の方にとっては考えるのが少し難しい部分かもしれません。間取りによって建物の形は大きく変化するため、平面図から外観を想像しながら間取りを考えていかないと、イメージ通りの外観をつくるのは難しいためです。建て主の方からは「格好いい外観にしてください」という抽象的なオーダーをいただくことがほとんどですし、外観をバランスよく仕上げるのは、基本的に建築家側で進めるべき仕事、と考えています。

 

それでも、外観は住まい手の個性をあらわす大切な要素。あらかじめ建物の外観を考えるときに建築家が留意しているポイントを知っていただくことで、理想に近いデザインを叶えていただく助けになるのではと思います。

今回は、目黒区I様邸の事例を例に挙げ、外観を検討するときのポイントをご紹介したいと思います。

箱を重ねた立体的なデザイン

外観デザインには構造が関係するため、家づくりの最初の段階で検討します。まずおおよその間取り・窓の位置を決めると、それをもとに建物の立体的な形状やファサードのデザインを主にCGを利用して起こしていきます。

 

I様とはPinterestを介して、好みの外観イメージを共有しており、打ち合わせの際にはそのイメージからポイントとなる要素を抜き出し、箱を積み上げた立体的な外観にすることや、外壁に複数の素材を用いることなどを話し合って行きました。

箱を重ねたデザインが特徴。ボリュームごとに色や素材を変え、立体感を出している。

I様邸の外観の特徴は、せり出したように箱を重ねたデザインで、黒い箱はガルバリウム鋼板を貼っています。比較的広い通りの角地であることから、通りに面した箱は素材感のある石を仕上げにしています。このように各々の箱に異素材を配することで立体感を演出し、建物のエッジをより際立たせています。重ねた箱のサイズ感は絵を描きながら、美しいバランスになるように調整していきます。

デザイン検討中に作成したCG。初期の段階では窓の大きさやカラーリングなど現状と大きく異なる。I様と相談しながら仕上げていった。

もう一つ、I様邸で個性的なデザインを施したのは、黒い箱に位置する窓に「抱き」を持たせているところです。「抱き」とは外壁よりも窓を奥まった位置に設置する納まりのことで、木造建築の場合にはあまり採用されないのですが、壁面に奥行き感を与えることができます。I様邸ではこの「抱き」の部分に複数の窓がありますが、小さな窓が並ぶとすっきりしないので、ひとつの「凹み」に見えるように、まとめてひとつの横長の開口に見えるように工夫しています。「抱き」の内側の部分はほとんど見えない部分ですが、雨水が入ってきた場合の排水ルートや水返しなど、工夫がたくさん盛り込まれており、実は職人泣かせの部分だったりするのですが、ここではI様の要望でもあったので、外観デザインを優先して採用しています。

 

その他、雨樋を隠すための屋根形状・勾配の調整や、配管ルートを一部建物内にするなどの処理、洗濯物を隠すバルコニーの壁の高さなど、細かな工夫をいくつも積み重ねてI様邸の外観は出来ています。シンプルでより美しい外観デザインに仕上げるためには、余計な要素を削ぎ落とすための小さな工夫が欠かせない作業と言えます。

よりよい外観デザインを形にするために

冒頭にもありますが、外観をよりすっきりと仕上げるためには、「間取りが外観に大きく影響する」ということを意識していただくことが大切だと考えています。特に影響の大きい窓に関しては、その場所・大きさをよく考える必要があります。

 

個人的には、シンプルな箱型のデザインが好みですので、私たちがよく取り入れている中庭を囲むプランは外観を美しくする上でもおすすめです。大きな開口は基本的に中庭にのみ向くように作ることで、採光・通風と防犯性に優れ、かつスタイリッシュな外観をつくることができます。

 

また仕上の素材には色々なものが使えます。

I様邸では外観デザインに変化をつけるため、左官材の他に鋼板と石を取り入れましたが、タイルや木、ガラス、セラミックを用いる方法があります。それぞれの材料に特徴があり、メンテナンス性、コスト、重量などが変わるので適材適所で使っていくことも重要ですので、気になる素材がありましたらその特性を調べておくと良いと思います。

もちろん素材を変えずにカラーリングだけで外観デザインを構成することもできますので、その辺りは予算との兼ね合いで判断していくべきでしょう。

 

ただ理想のデザインを叶える上で一番大切なことは何かと考えた場合には、I様のようにたくさんの写真や実例を見せていただくことが一番だと思います。雑誌やWEB、SNSなどを上手く活用して、建築家に好みをさらけ出していただくことが、イメージを形にする近道です。私たちは皆様の決めた間取りに対して、格好のよいデザインを考えていきますので、ぜひ信頼してお任せいただけたらと思います。

建築家 伊澤 杉人

他の建築に比べて住宅建築というのは、住まい手のひとりひとりに合わせた設計・デザインが求められ、それが住宅設計の魅力でもあります。自らも楽しみながら、クライアントの方にも家づくりのプロセスを楽しんでいただけるような仕事をしたいと思います。

More Life
Method
[ 憧れ・こだわりを叶えた設計技術 ]