Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. Please enable JavaScript to view this content.
ブランケットにくるまって座りたい!ソファ顔負けの一人掛けチェア|More Life Selection [上質な暮らしをつくる逸品]|More Life Lab.

住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Selection
[上質な暮らしをつくる逸品]

ブランケットにくるまって座りたい!ソファ顔負けの一人掛けチェア

住宅づくりのプロフェッショナルであり、豊かな暮らしづくりをこよなく愛するテラジマアーキテクツのメンバーが、家の中で過ごす時間をより豊かにしてくれるアイテムを独断と偏見で選ぶ企画「More Life Select[上質な暮らしをつくる逸品]」。上質な家には、上質なインテリアを——そんな思いのもと、数ある家具やファブリック・装飾品などの中から、「More Life Lab」の読者の皆さんに今おすすめしたい逸品をご紹介します。

「イタリア生まれ、日本育ち」の家具ブランド

1951年にイタリアで生まれ、1969年に海をわたった「イタリア生まれ、日本育ち」のファニチャーブランド<arflex(アルフレックス)>。ブランド名は、イタリア語で家具を意味する「arredamenti」と、英語で柔軟性・適用性を意味する「flexibility」の頭文字をとったもので、いつの時代にもどのような環境にも適応する家具でありたいという願いが込められているとか。イタリアの合理性と、日本の価値観や住環境に適したものづくりを融合させ、長く使える家具と、心豊かに暮らすためのライフスタイルを提案しています。

わたしが今回注目したのは、そんなアルフレックスの、2018年のニューモデルのひとつ「FABIO(ファビオ)」。背もたれは肩まですっぽり入る高さがありながら、コンパクトなサイズ感で、書斎からリビングまでさまざまな空間に取り入れやすい一人掛けパーソナルチェアです。座り心地は、まるでソファのよう。ブランケットにくるまりながら本を読んで、ウトウトとゆったりと時間を過ごす——ショールームで実際に座ってみると、そんなシーンが浮かんできました。

張地と脚部の組み合わせで、どんな空間にもフィットしそう

丸みのある見た目ですが、豊富な張地の合わせ方によって、モダンな空間にも合わせやすそうです。チェア背面はレザー、背もたれはファブリックといった具合に、流行のレザー×ファブリックの合わせ使いをしてみるのもよさそう。脚部は、材質・塗装の異なる5種展開。お部屋の雰囲気や床色、他の家具に合わせやすいのが嬉しいですね。

 

ものすごく個性的なデザイン、というわけではありませんが、脚部のバランスや座り心地にちょっとした心配りを感じる一品。最近めっきり寒くなり、これから暖かい家の中で過ごす時間が増えていきます。ゆったりとコーヒーを飲んだり、読書をしたり……家の中で過ごす時間も、上質なものにしたいですよね。そんなシーンに活躍してくれそうです。

(筆者) More Life Lab.編集部

More Life
Selection
[ 上質な暮らしをつくる逸品 ]