住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Vision
[魅力的な住まいを考える視点]

自然とつながり、”ゆらぎのくつろぎ効果”を取り入れる

都市部の住宅密集地帯では、プライバシーの確保を優先すると住まいが閉鎖的になってしまうことも。しかし、美しい景色や緑が豊富にある環境なら、それらをたっぷり取り込んで暮らしの心地よさを高めることができるのです。今回は東京都の風致地区にあるT邸を例としてその秘訣を解説します。

話し手:一級建築士 テラジマアーキテクツCEO 深澤彰司

外と調和した心地よい居住空間とは。

家を建てるにあたり、オーナーさまには理想の家の設備や、過ごし方の構想がいくつかあると思います。その中で、なかなか言語化はされないけれど共通してお持ちの概念に「心地よい居住空間であること」が挙げられます。

多くの人にとって居心地のよい居住空間とは、家の中にいながら、光や風や緑という自然を感じることができ、リラックスして過ごせることではないでしょうか。

自然とつながるT邸。キッチンからダイニング、リビングを眺める

私たちは、同じ水であってもプールより海を心地よいと感じ、同じ明るさでも蛍光灯より太陽光を気持ちがよいと感じます。そして同じ形の雲がない空や、うつろいゆく陽、風にそよいで止まることのない枝や葉などの穏やかに変化している情景は、私たちに情緒の安定をもたらします。

それは自然界が有機的で多様な集合体であり、常にゆらぎながら調和している“ゆらぎのくつろぎ効果”があるからではないでしょうか。

つまり、この“ゆらぎのくつろぎ効果”を随所に感じることができる家が「外と調和した心地よい居住空間」だと思うのです。

緑の借景を随所に取りこむ。

自然とつながり、「外と調和した心地よい居住空間」を実現した例として、東京都の風致地区に位置するT邸があります。風致地区とは木々の景観を守り、緑化が義務付けられている地帯。一般的な土地と比べて建物を建てる際に厳しい制限が設けられているため、建蔽率(土地面積に対する建築面積)が低くなるなどの規制をうけますが、緑の多い地帯でもあります。

T邸の建築予定地の南隣りは、民家ではなく民間企業で、すでに緑化したフェンスで仕切られていました。北隣には隣家が建ち、東側は木が茂る斜面です。

オーナーさまには「外の緑を眺められたらいいな」という思いがあったので、豊かな緑のある環境との調和を目指してプランニングがスタートしました。

自然との調和、すなわち”ゆらぎのくつろぎ効果”を取り入れるには、プランをつくる段階で光の入り具合や、風の通り具合、また部屋の窓からの景色や隣家からの視線の処理などについて、あらかじめ想像を巡らせて設計することが求められます。

まず地の利を生かし、都心にいながら別荘のような風景を見ることを想定して、見晴らしの良い2階に、南 側 から 北 側 へキッチン、ダイニング、リビングの順に配置。木々茂る斜面へ視線が抜けるようダイナミックに開口しました。

加えてリビング上部にはハイサイドライト(高窓)を設け、こちらからも自然光を取り込み、室内から空が見えるように設計。屋内にいながら自然を近くに感じる解放感のあるLDKになっています。

視線はカットし、空との接点をつくるハイサイドライト。

次にこの邸宅のアプローチについてです。西側前面道路に対して北側及び東側を傾斜面が取り囲むような高低差のある敷地条件であることを活かし、最下階であるガレージや玄関は地下1階の設定としました。

また、地下の玄関でも自然光を取り込んだ明るく豊かな空間とするための工夫も施しました。
例えば、玄関ホール脇の地面を地下1階の床レベルまであえて掘り下げた「ドライエリア」と呼ばれる余剰スペースを設け、大きな窓を計画。
”ゆらぎのくつろぎ効果”を得られる外との重要な接点を作ったのです。

地下一階の玄関。左手にドライエリアがある。右手のスケルトン階段越しに上階からの光が入り、明るさを保っている。

地上階となる1階には西側から南側にかけてL字型のテラスを設け、隣家との間にはフェンスと植栽を設けて距離を確保。隣家からの視線をカットするため、寝室の屋根を張り出させています。

北側はお子さまの個室を3つ連ね、緑のフェンスと隣接している方を開口部に。3つの部屋をウッドデッキでつなげて兄弟の部屋を行き来したり、一緒に遊んだりできるようにしました。小さいうちは走り回れる遊び場として、大きくなったら憩いの場として機能するといいですね。

子ども部屋をつなぐウッドデッキ。お隣の緑を借景として心地よく。

どの部屋にも共通していることは、目隠しのカーテンを用いることなく開口して、外とのつながりを求めた点です。

例えば、住宅密集地で計画なしに大きい窓をたくさんつければ、隣家や通行人の視線が気になってカーテンをひいてしまうでしょう。カーテンは境界となり、庭や緑がそばにあったとしても開放感は得られませんし、面倒になって庭へ出なくなってしまうこともあります。

つまり自然との調和は、境界線を引かずにプライベートを守り、自然とつながって初めて実現するのです。

使い方が変わってもいいよう場に余白をもつ。

先ほどあらかじめ環境を想像してプランに落とし込む話をしましたが、場所の目的が少しずつ変わっていくことを想定し、プランに余白をもっておくことも大切です。

例えばルーフバルコニー。ご要望をいただくことが多い場所ですが、だんだんと使わなくなってしまうという話も。そうならず、習慣的に使うために余白を用意し、動機をつくっておくのです。

T邸の場合は住宅が斜面の上部に位置していることもあり、木々のある街並みを一望できる気持ちのよい場所でした。そこで、くつろぐためのイスとテーブルを置けるよう余白をとり、バーベキューや水やりに便利なように水道設備を整えて場所を充実させ、「行きたい!」と思える場にしました。

家族で食事を楽しめるルーフバルコニー。

建築中、Tさまは屋上の緑を増やしたくなり、プランターの数を追加したといいます。これもプランターを置く余白があったからできたこと。現在はパラソルを設置し、手軽にアウトドアを楽しんでいらっしゃるようです。

このようにT邸は、風致地区という緑豊かな土地の特性をいかし、ダイナミックな開放による借景と、分散的に自然との接点をいくつも持つことで、屋外の自然と調和する家となりました。

T邸に限らず、日常生活のなかで意識にのぼらなくても、”ゆらぎのくつろぎ効果”を得られるちょっとした演出のある居住空間は、住む人に心地よさを与えます。それが積み重なり、暮らしの豊かさになっていくのです。

土地の特性によって自然の取り入れ方は異なりますが、住宅が密集した都市部でもあきらめることはありません。建築士に自然とつながりたい旨を伝え、豊かな暮らしができる家づくりを目指してください。




次回は、実家の原風景を取り入れた住宅。「緑豊かな庭と縁側のある、あたたかい住まいを作りたい」というご要望をもとに3つの庭を囲む平屋が誕生。どの部屋にいても四季折々の表情を見せる美しい中庭を望めるようになり、オーナーさまの生活も変わったといいます。

住み心地のよい家は、光や風、緑といった自然のもつ”ゆらぎのくつろぎ効果”をふんだんに取り入れており、それが豊かな暮らしとなっていく。住宅が密集した都市部でも自然とつながる工夫はできる。

一級建築士 深澤 彰司

株式会社テラジマアーキテクツCEO

東京理科大学卒業。2004年テラジマアーキテクツ入社。建築家としてシンプルモダンや和モダンといった同社の代表的なテイストを確立。これまでに手掛けた住宅は300棟以上。デザインと生活空間の両立した住宅、お引渡し後も長く安心して住まえる住宅を目指し、使い勝手や動線に配慮した設計、お客さまと一緒につくる過程を大切にしている。

Our Works記事で紹介した邸宅

ビジョン