Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. Please enable JavaScript to view this content.
間仕切りのない家|More Life Vision [魅力的な住まいを考える視点]|More Life Lab.

住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Vision
[魅力的な住まいを考える視点]

間仕切りのない家

「部屋を仕切らなければいけない」理由はない

不動産広告などでよく見られる「〇LDK」という表記は、多くの方にとって馴染みのあるものだと思います。家の中に個室がいくつあるのかを示すもので、空間のおおよその広さを把握するための指標としている方も多いのではないでしょうか。

ここからもわかるように、「部屋」というと、壁やドア・障子・襖といった「間仕切り」で仕切られた、独立した空間をイメージされがちです。しかし、部屋は必ずしも「仕切る」必要があるのだろうか?というのが今回のお話です。

 

存在するのが当たり前と思っている「壁」を取り払うことで、もっと豊かな家、もっと豊かな暮らしが実現できるのではないか?というご提案です。

昔と今を比較すると、現代の住宅では「この部屋は〇〇のために使う」という用途の縛りが、かつてよりも強くなっているように思います。

昔の日本家屋は、畳が敷き詰められた和室(座敷)を障子や襖などの建具で緩やかに仕切り、同じ空間を寝室/客間/家事スペースと実にさまざまな用途に使っていました。それが、工業化住宅が増えるに伴って、各部屋の用途分けが行われるようになり、住宅において間仕切りは「切っても切り離せないもの」であるかのように認識されるようになりました。

なぜ間仕切りが必要なのか。主な理由は、人目を遮断するため、プライバシーを守るためですよね。昔はともかく、現代は温熱環境を整える技術がかなり進化していますから、間仕切りがそれを担う必要はありません。

ですから極端に言えば、家族みんなの合意がとれてさえいれば、トイレや浴室など必要最低限以外は、間仕切りは不要と言っても過言ではないということです。

暮らしの可能性を狭めない、可変的な空間

今回ご紹介するのは、神奈川県横浜市のK邸です。

間口が広く、ゆったりとした佇まいが印象的なK様邸。
広々とした中庭を囲む、海外の邸宅のようなゆとりある間取りとなっている。

一見して、かなり広い敷地の家であることがお分かりいただけると思いますが、慣例的な表記では「1LDK」の家ということになります。間仕切りを当たり前ととらえずに、ご家族同士の関係性や暮らしぶりを念頭に置いた空間づくりを行った結果、間仕切りの少ない家が出来上がりました。

 

Kさんご一家は、共働きのご夫婦と小さいお子さん(当時2~3歳)の3人暮らし。将来子どもが増えるかどうかまだわからない中、子ども部屋をどうつくるべきか――検討の結果、「空間を明確に区切らない」ことにしました。

 

子ども部屋は2階。壁で囲まれた空間ではなく、天井から吊った暖簾のようなパーテーションで緩やかに“子ども部屋エリア”を設けています。主寝室以外の2階の空間がひと続きになっており、あとから状況に応じて区切ることができる可変的な空間設計です。

右奥に見えるのが天井から吊るしたパーテーションで緩やかに区切られた“子ども部屋”エリア。

家づくりを進めるにあたって、「この空間はこんなふうにしよう」と明確に決められないことは少なくないはず。将来にわたって住み続けるものですから、その時点では想像がつかない暮らしの変化もあるでしょう。

間仕切りは、あとからでもつくることができます。建築で壁をつくることもできますし、背の高い本棚やカーテンも間仕切りの役割を十分に果たします。家をつくる段階でライフプランを無理に描き切ろうとせず、「空間を可変にしておく」という選択肢を、もっと多くの方に知っていただきたいです。

もちろん建築家としては、将来的に空間を分けたときのことを想定して設計する必要があります。たとえば、空間の右半分/左半分で照明のスイッチを別々に設けたり、エアコンがそれぞれ設置できるようにしたり、コンセントの数を均等にしたりといったことですね。

家族の距離感やライフスタイルに合った間仕切りを

K邸で間仕切りがないのは、子ども部屋だけではありません。

水回りも、洗面室と浴室がひとつの空間になっています。正確に言えば、洗面室と浴室の間はガラス製のパーテーションで仕切られていますが、空間認識としてはひとつの空間のように感じられ、広々と開放的な雰囲気になっています。

仕切る/仕切らない。透過性あり/なし。その空間にどの程度プライベート感が必要なのかによって、最適な間仕切りのあり方は決まります。

 

「どこにいても、誰がどこにいるかわかるので寂しくない」――Kさんは、間仕切りの少ないこの家に、心地よさを感じてくださっているようです。

 

 

柱・壁が少なくても耐震性を担保できる構法の採用。冷暖房効率を下げない温熱環境の整備。間仕切りがないことで暮らしやすさや安心・安全を損なってしまっては本末転倒ですから、建築家が留意すべきことはいくつかあります。

 

K邸でも強く意識したのは、収納スペースの確保です。そうしないと、間仕切りのない家は家財道具が目につきやすく、“散らかった”印象になりやすい。収納スペースだけは、きちんと仕切って用意することがポイントです。

 

「〇LDK」という仕様に、人が合わせて暮らす必要はありません。家族同士の距離感やライフスタイルに合わせて、そもそも仕切る必要があるのかどうか、仕切るならどのような仕切り方が最適なのか、柔軟に考えたいですね。

次回のテーマは、「北側の中庭」です。住宅地に付き物である「北側斜線制限」をクリアしながら、理想と使い勝手の両方を叶える手段として中庭を有効活用した事例をご紹介します。“南向き信仰”が、豊かな家づくりを阻害してしまう可能性にも触れます。お楽しみに。

「部屋を壁で区切る」のは当たり前ではない。家族同士の関係性やライフスタイルを見つめ直し、最適な間仕切りのあり方を考えるのが望ましい。

一級建築士 深澤彰司

株式会社テラジマアーキテクツCEO

東京理科大学卒業。2004年テラジマアーキテクツ入社。建築家としてシンプルモダンや和モダンといった同社の代表的なテイストを確立。これまでに手掛けた住宅は300棟以上。デザインと生活空間の両立した住宅、お引渡し後も長く安心して住まえる住宅を目指し、使い勝手や動線に配慮した設計、お客さまと一緒につくる過程を大切にしている。

Our Works記事で紹介した邸宅

More Life
Vision
[ 魅力的な住まいを考える視点 ]