Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. Please enable JavaScript to view this content.
趣味と生活の両立|More Life Vision [魅力的な住まいを考える視点]|More Life Lab.

住まいのあり方が多様化し、それぞれの価値観、ライフスタイル、またライフステージに合わせて、選択肢は広がり続けています。こうした中、「自分らしい家をつくること」の魅力を、また「自分らしい家で暮らすこと」の価値を、あらためて多くの方に知っていただきたい――そんな思いから、「More Life Lab.」は生まれました。

生き方・暮らし方を自ら定義し、つくり上げようとする人。
その価値観に賛同し、肯定したい。

上質と個性を重んじ、人生を通じてそれを謳歌したいと願う人。
その思いに寄り添い、実現を後押ししたい。

家が人に与えてくれる幸せや可能性を誰よりも信じ、住まいに対するお客さまの思いやこだわりと誰よりも深く向き合ってきた「家づくりのプロ」として。上質かつ自分らしい家で、心満たされる豊かな暮らしを送りたいと考えるすべての方に、家づくりにまつわる知識と教養をお届けします。

ロゴマークについて

「M」の右斜め上に伸びるラインが象徴するのは、「もっと自由に、自分らしく」という、住まいづくりの考え方。左下へ伸びるラインは、光と風のベクトルを表し、自然を取り入れる暮らしの心地良さを連想させます。上下に広がる造形が、「もっと自由に、自分らしく」と望む人の周りに広がる空間の存在を感じさせます。


Presented by TERAJIMA ARCHITECTS

テラジマアーキテクツは、創業以来60年にわたりデザイン住宅を手がけてきた設計事務所+工務店です。
一つひとつ、お客さまのライフスタイルに合わせたオーダーメイド住宅をつくり上げています。
詳しくはこちら
https://www.kenchikuka.co.jp/

SHARE ON:

More Life
Vision
[魅力的な住まいを考える視点]

趣味と生活の両立

趣味を満喫する夢の空間

新しく家を建てる方の多くが「趣味を思う存分楽しめる部屋をつくりたい」と願うのではないでしょうか。

 

今回ご紹介する東京・品川区のU邸は、趣味と日々の暮らしを両立する邸宅です。

 

ご夫婦2人とお子さまの3人でお住まいのU邸は、地上3階建て。1階がガレージ、2階がLDKと水回り、3階が寝室となっています。このうち1階と3階に、ご主人の趣味空間が広がっています。

 

ご主人の趣味は、ツーリングとトレーニングです。

お仲間と一緒にツーリングを楽しんだら、そのままご自宅のガレージに集合。自転車を停めたら、ガレージ内に設置したバーカウンターで、靴を履いたままお酒を楽しみます。

 

車2台分と広いスぺースには、ご主人の愛車のほか、大切にしている自転車、自転車関連アイテムのコレクション、カスタマイズ用のパーツがずらり。自転車を眺めながら、お酒を片手に、お仲間との会話に花を咲かせる――そんな時間が至福の時だそうです。

 

自転車のカスタマイズもお好きなご主人は、ここに籠ることもしばしば。一角にはDJ機器も設置してあり、ご夫婦共通の趣味である音楽を楽しみながら、時間が経つのも忘れて趣味に興じられています。

 

まさに、自転車とともにあるライフスタイルを最大限に楽しむための空間と言えますね。

もう一つのご趣味、トレーニングを行うのは、3階の一角に設けたトレーニングルームです。こだわりのマシンを設置するために十分な天井高を確保した、完全オリジナルの空間です。壁に設けた大きな鏡を見て、正しいフォームを確認しながらワークアウトに励むことができる、本格ジム仕様となっています。

3階のトレーニングルームは、こだわりのマシンを設置した本格ジム仕様。

生活動線との切り分けがポイント

お施主様のご趣味は、デザイン・設計の初期段階で伺います。家づくりとは、「これから、どんなふうに暮らしていきたいか」を考えることですから、趣味については、打ち合わせの中で、優先度の高い要望として出てくることが多いです。Uさんも、ご自身から積極的に趣味についてお話しくださいました。

 

その際に気をつけなければいけないのは、「それは誰の趣味なのか?」ということ。つまり、家族の中でお一人だけの趣味なのか、それとも家族共通の趣味なのか、ということです。それによって、住まい全体における配置や、動線のつくり方はまったく異なってきます。

 

Uさんの場合、ツーリングはご主人だけの趣味。ですから、ご夫婦の日常の生活動線とできるだけ交わらないよう設計しました。ガレージにはツーリング仲間も出入りされますから、生活動線と一体になっていると、奥さまにとってはストレスになりかねません。ガレージの出入り口と通常の玄関は完全に切り分け、ガレージ内にはトイレ・洗面台も設置することで、ツーリング関係の来客はガレージだけで完結できるようにしています。

 

同じ来客でも、ご夫婦共通のご友人の場合は、2階のLDKをメインに活用されます。リビングと隣接したバルコニーをアウトサイドダイニングとして活用し、ここでお茶やバーベキューを楽しまれているそうです。

リビングとバルコニーは、床面の色や素材感を揃えるなどの工夫によって、屋内外がまるでひと続きの空間のように見える。バルコニーはアウトサイドダイニングとして利用することも。

趣味、特別な日の来客、そして日常生活。家族一人ひとりのライフスタイルをイメージしながら、住まい全体を設計します。せっかくの趣味空間ですから、他のご家族の心地良さにも配慮しながら、気兼ねなく楽しみ続けるための工夫が必要です。

 

自分だけで楽しみたいのか、家族や友人と一緒に楽しみたいのか、誰かに見せたいのか、見せたいけれどむやみに触れて欲しくはないのか――趣味の“クローズド”度合いによって、他の居室との位置関係や、間仕切りの仕方、防音や遮光といったつくりを決めていきます。

趣味の話は、ぜひ率直に。

長く楽しめる趣味空間をつくるためには、その趣味について、できるだけ詳しく伺うことが大切だと考えています。もし、Uさんの趣味をただ「ツーリング」とだけ伺っていたら、バーカウンターやDJ機器を設置することにはならなかったでしょう。また、壁面のディスプレイも「どんなものを置くのか?」まで詳しく伺った上で、最適な寸法を設計しています。

 

どんなふうに使うのかを想定しながらつくることが、その空間を満喫し続けるためのカギなのです。

 

トレーニングルームも、設置するマシンによって必要なスペースが変わります。「何畳あればよい」というような単純な話ではなく、マシンによって縦横幅を考える必要があります。場合によっては、床の補強も必要です。どんなマシンを置きたいのか、予め練っておいたほうが、使いやすいトレーニングルームになることは間違いありません。

 

 

「書斎」「ガレージ」「シアタールーム」――こうした一般的なキーワードではカテゴライズできない、実に多様な趣味空間をこれまでにつくってきました。注文住宅とは、そもそもオリジナリティの強いものですが、なかでも趣味空間はその最たる例です。まさに“超個人的”。個人の個性や理想、こだわりに合わせて一からつくる、フォーマット化することができない空間です。

 

ですから、大切にしている趣味をお持ちの方は、決して恥ずかしがることなく、できるだけ詳しく、そして具体的に、建築家に話していただきたいですね。実際の楽しみ方がリアルにイメージできればできるほど、長く楽しめて、かつ家族の暮らしの快適さを損なわない住まいの実現につながります。

次回のテーマは、「家族のための秘密基地」です。家族の誰もが、好きなときに、好きなように過ごせる自由な部屋。ほんの一時、日常生活から離れてくつろいだり、趣味に没頭することができる、特別な空間のつくり方をご紹介します。お楽しみに。

家族の日常生活を快適に保ちながら、こだわりの趣味を存分に楽しむ。そんな豊かな住まいづくりは、空間のつくりや動線の設計を工夫することで可能になる。

一級建築士 深澤 彰司

株式会社テラジマアーキテクツCEO

東京理科大学卒業。2004年テラジマアーキテクツ入社。建築家としてシンプルモダンや和モダンといった同社の代表的なテイストを確立。これまでに手掛けた住宅は300棟以上。デザインと生活空間の両立した住宅、お引渡し後も長く安心して住まえる住宅を目指し、使い勝手や動線に配慮した設計、お客さまと一緒につくる過程を大切にしている。

Our Works記事で紹介した邸宅

More Life
Vision
[ 魅力的な住まいを考える視点 ]